食べ物として利用する限り過剰摂取

アロエが持っている健康によい作用はたくさんあります。サプリメントを利用している方も多くいらっしゃるようです。サプリメントを使用した時の副作用はあるのでしょうか。アロエは効果の高い薬草とし古くから利用されてきました。摂りすぎることさえしなければ、重い副作用は起こらないことが分かっています。ただし生理中の人や妊娠中の人、冷え性や胃炎の人は摂取を控えたほうが良いといいます。こうした人たちには、アロエの中にある薬効成分のアロインが悪影響を与える恐れがあるからです。アロインは瀉下作用を持っているほか、体温を下げるからです。また、子供が使う場合も注意が必要です。下痢やけいれんなどの症状が出ることがあります。赤ちゃんに母乳をあげているような場合も、アロエのサプリメントの利用はやめた方がいいでしょう。アロエに含まれる成分が母乳に混在して赤ちゃんに下痢やけいれんが起こることがあるでしょう。アロエを食べるということはそんなにないので、食べ物として利用する限り過剰摂取になることはほぼ心配ありませんが、サプリメントの場合は手軽に摂れてしまいますので注意して下さい。アロエサプリメントと同時に他の薬を摂取する場合も副作用が起こることはまずありませんが、摂取量を守ることが大事になります。1日分のアロエのサプリメントに含まれている成分量については、サプリメントの説明書などに記載があるはずです。きちんと用量を守って利用しましょう。アロエが持っている健康によい作用はたくさんあります。サプリメントをうまく利用しましょう。

ミュゼ 横浜